今日お金借りたい

\即日融資のおすすめ1位/

トップページ

「どうしても今日お金が必要…」
「急な出費で現金が足りない…」
「給料日前にピンチに…」


こちらでは、今日中にお金を借りたい方のために、即日で借りれるカードローン会社をご紹介しています。

大手の消費者金融会社であれば、Web申し込みが可能な上に振込融資にも対応しているため、誰にもバレずに安心・安全に借り入れることができます。

\今日中にお金借りれる!/
即日融資ランキング

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、手続き完了後10秒程度で口座に入金。その他の銀行の場合は平日14時50分までに手続き完了で振込融資が可能に。14時以降にどうしても借りたいという場合には、22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある20歳以上69歳以下の方ならお金が借りれます。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

即日融資にも対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    お申し込み時間によっては翌日になることも。ご注意ください。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます。
  • 初回は30日間利息0円

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

最短30分審査で即日融資!
楽天銀行口座があれば即振込
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    楽天銀行の口座をお持ちの方なら、24時間いつでも振込融資OK。14時までに手続き完了で、その他の銀行でも振込融資ができます。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 初回は最大30日間無利息
  • PC・スマホで今すぐ申し込みOK

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐ申し込みが可能。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」を用意してください。
顔写真がない書類の場合には「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要となります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

【返済について】
アコムは、契約時の借入限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。
たとえば、限度額50万円で10万円借りた場合、毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

まとめ

どうしても今日中にお金が必要な方向けに、今すぐ借りれる即日カードローンをご紹介しました。

ネット申し込みが可能なカードローンは利用しやすく、パソコンやスマホを使って24時間365日いつでも申し込みできます。また、来店不要で借り入れできる便利な世の中となりました。

平日に限らず土日祝日も借り入れできるので、緊急時にも慌てることなく利用できるのではないでしょうか。

ただし、すぐに現金が借りれるからと、くれぐれも借りすぎには注意して下さいませ。

即日融資Q&A

今日お金を借りたい方におすすめなのが、即日融資ができる借入先。大手キャッシング会社なら、即日キャッシングに対応しているのがほとんどです。

ただし、当日中にお金を借りるには各社で条件があったり、いくつか気を付けておきたい注意点があります。

こちらでは、即日融資に関するよくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。良ければ参考にしてみて下さい。

Q.どうやったら今日中にお金借りれますか?

A.最短でお金を借りるなら、ネット申し込みがおすすめです。

まず、即日融資にも対応している金融機関を選ぶことはもちろんですが、今すぐ借り入れたいならパソコンやスマホを使ってWebから申し込みするのが一番早い借り方になります。

Webから申し込むと、「来店不要」「アプリで必要書類を提出」「24時間365日いつでも申込OK」とメリットが多いのが特徴です。

そして、契約完了後は「振込キャッシング」を選択することで、すぐにお持ちの銀行口座から現金を引き出すことが可能になります。プロミスなら瞬フリサービスを利用することで、最短10秒で指定口座への入金が完了しますよ。

Q.土日や祝日でも即日で借りれますか?

A.はい。土日祝日でも、お盆休みや年末年始でも即日融資に対応しています。

ただし、土日祝日でも審査を行なってくれる即日カードローンでは、勤務際への在籍確認がとれるかどうかがポイントになってきます。

もし土日に勤務先が休みだった場合は在籍確認がとれません。そうなると今日中に借りれないのかというと、ケースバイケースで借りれる場合もあるようです。

どうしても今日中にお金が必要な事をカードローン会社に伝えること、そうすれば在籍確認を契約後の平日に延期してくれるケースもあるようです。

お急ぎの方は、何とか即日融資をしてもらえるようスタッフに相談してみることをおすすめします。

Q.即日融資で申し込むときに必要な書類を教えてください

A.基本的には運転免許証があればOKです。

プロミスアコムアイフルともに、借入希望額が50万円以下の場合には、必要書類は運転免許証のみでOKです。

運転免許証をお持ちでない場合は、パスポートや健康保険証、住民票や個人番号カード(マイナンバーカード)などを用意してください。

本人確認書類とは

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証
  • パスポート

収入証明書とは

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近1か月)
  • 市民税・県民税額決定通知書
    (最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

今日お金借りるための基礎知識コラム

キャッシングはまず自分の状況を把握してから出費がかさんでしまったというときなどに借り入れすれば極めて助けになってくれる存在だと言えますが、気をつけていただきたいのがきちんと目論まずに成り行きのままで返済出来るであろうと思われる金額を超えてしまった多額の借金を負ってしまいますと収入と返済額のバランスが取れずに生活が苦しくなったり違う業者から借りて返済に充てるという悪循環に陥る事も多いため十分に注意してから利用することが大切です。いまどきのキャッシングはネット普及の恩恵も受け、飛躍的に便利になりました。
特にすごいのは、窓口に行かずにインターネットだけで手続きが完結できることでしょう。それも、PCブラウザからでもスマホアプリからでもOKです。



上限30?50万円程度の小規模融資なら免許証のみで契約できるようです。
契約完了後は銀行に入金してもらえば自分の口座からお金を引き出すような感覚で融資金を受け取ることができます。簡単な手続きですぐにお金が借りられるキャッシングは、その利便性の高さが知られるに伴って、日常的にインターネットを使っている若者を中心に、利用者が多くなってきました。


消費者金融系のキャッシングサービスはもちろん、クレジットカードにキャッシング機能が付いたものや、銀行のサービスなども増えており、生活に溶け込んでいると言えます。

その一方で、キャッシングが身近な存在になってしまったからこそ、返済の見通しが甘くなってしまい、負債を抱えてしまう人も珍しくありません。いくら簡単に融資を受けれるからといっても、借金であることには変わりません。節度をもった利用を心掛けましょう。

思いがけないタイミングで出費が続き、お金が必要になり、キャッシングに頼るしかない!と思ったら、イオンから発行されているキャッシングサービスが使いやすいと思います。

近所にあるコンビニ、または、銀行のATMから引き出し可能な以外に、インターネットかもしくは電話からのお申込みで指定した口座に現金の振り込みもしてくれます。

支払は、一括、もしくはリボ払い、どちらかお好きな方から選ぶことになります。



加えてこのカード独自のサービス「リボ払いお支払い額増額サービス」を申し込むこともできます。

はじめてキャッシングを利用する人が悩むのは借入先選びのようです。それなら堅実さが光る銀行系が良いでしょう。

(実はアコムやレイクとかも銀行系です)実質年率が低いので総返済額を抑えることができ、クレカのキャッシング枠とは比較にならない限度額(?500万円)が魅力的ですし、返済時に使えるATMの数が多いので手数料も節約できます。昔から実績がある銀行が背景にあるので貸金業としての堅実さがうかがえます。

ただ、条件によっては審査に時間がかかることもあるので、ユーザーの声などをウェブで集めてみて、借りやすそうなところを探すのがポイントでしょう。
キャッシングを使用した場合には返すことが当たり前ですが、何らかの事情で支払えない事が出てしまった場合には断りなくお金を払わないことは絶対禁止です。
遅延利息を求められたり、世にいうところのブラックリストに名前が載ってしまったりすることになります。キャッシングで他社から借りた金が多い人は危険があるかもしれないと考える必要があります。もう3社以上の借入が存在する場合は、キャッシングを申し込んだとしても審査に引っかかる可能性が高確率で起こり得ます。直近の審査では、申し込みした人の信用情報のチェックをしっかりと厳正に行われる傾向が高くなっているのです。


キャッシングというと、カードローンと変わらないものだと思いがちですが、返済の方法が違います。
一括返済をするという前提でクレジットカードを使って現金を引き出すのがキャッシングで、分割払い希望の際はカードローンといいます。カードローンは月々の返済は簡単ですが、利息がかかることを考慮しなければなりませんし、どちらも延滞の場合には注意してください。

融資とは保険会社や銀行といった金融機関から規定された小額のお金をお借りすることを指します。



一般的に金融機関からお金を借りる場合にはいくつか条件があったり、何かあった場合の保証金を用意したり、連帯保証人を立てる必要があります。ですが融資とは異なり、キャッシングの場合には、保証人や担保を用意することなく気軽にお金を借りられます。

本人確認できる書類があり、審査基準に通れば誰でも、基本的に融資を受ける事が可能です。

即日融資お役立ち情報

\今日お金借りたいなら/
即日融資NO.1のプロミス

今日中にお金借りるならこちら↓